SunSo, it’s a super hot and humid summer day and you decide to take the kids to the local splash pad to cool off and play in the water a bit.

For the older set, a splash pad is essentially a “fountain” that kids can play in — water shooting up out of the ground in different fun patterns.

Lot of municipalities have them now — my town has three of them because they’re relatively inexpensive to build and operate and, unlike public pools, there’s essentially ZERO risk of drowning.

It’s the modern version of “running through the sprinkler.”

On the hottest days of the summer, they’re almost always full of young children splashing away, surrounded by watchful parents just waiting for their own child to take a tumble and scrape their knees.

Here’s a photo to give you a better idea…

Spash Pad

Oh, did you notice something?

Something very much out of place?

What is it that the long haired gentleman, surrounded by young children, has on his waistband?

Yep, that’s EXACTLY what you think it is…

Full disclosure, I didn’t take this picture. One of my friends from university took the photo while she was at the splash pad with her kids.

But her reaction was the same as mine would have been…

“C’mon kids, we’re leaving…now.

SIMILAR ARTICLES

3 COMMENTS

  1. [url=http://www.ooowatch.com/tokei/hermes/index.html]Rolex(ロレックス)中国の歴史は実際にはすでに百年を超えるが、一番印象的なのは1967年から、隷属ハンス・ヴェルス多夫基金(fondationハンス!Wilsdorf)のRolex(ロレックス)会社は香港で支社を設立して。その後、それは2002年に承認され、中国で作成された家はその完全ホールディングスの支社は他の中国と同行協力)となり、実現の時計ブランド初の試み。チュードル時計コピーRolex(ロレックス)に入るたびにひとつの市場には、アフターサービスシステムを構築する。中国でも例外ではない。今、北京、上海、広州の合計の3つのアフターサービスセンターを設立しました。加えて260以上の販売時(を含む十数軒の専売店)、Rolex(ロレックス)中国の従業員の数は300人を超え。[/url]

  2. [url=http://www.okakaku.com/Super-Copy-514.html]そしてシンガポールから上場グループ高登(Cortina)は4月以来台北101でMALL咲いHarry Winstonなど8大ブランドの大きい後、2か月近くには、宝のプラチナ表大きい登場しない于新宇グループを時計メーカーが直営大きいルート、高登時計を表展経営モデル開発大きい、所耗费コストが高い、相対的に回収も遅い。[/url]

  3. [url=http://www.brandiwc.com/brand-7-copy-0.html]でも、たとえオンラインショッピング比較流行の欧米諸国は、「ネットオークション時計」の態度も少なくない。カルティエ コピーイギリス1家のジュエリーチェーン店金史密斯、自身のウェブサイトで販売正宗トップ腕時計、この挙動を獲得した当時、オメガ豪雅は、ティソやロンジンなど数十社の時計会社の公式応援を含む、しかしロレックス、ブライトリングを含むいくつかの腕時計大グループ当時はネット販売態度は慎重に、理由はこの類技術の制品を販売していない場合スタッフの専門知識を紹介し、不適合なネット販売。[/url]

Leave a Reply to Anonymous Cancel reply