I wish I could remember where I grabbed this -- the artist had some amazing stuff...I’ve written a lot about homeowners insurance in the past.

Right when I bought my house back in 2002, I hooked up with Allstate since that’s who I had my auto insurance with and things were groovy…for a month and then they dropped me and I had to scramble.

I’m still bitter about this…though I still have my auto insurance with them.

Apparently it didn’t sting enough.

Anyway, as a result and after much panic, I ended up with the bottom-of-the-barrel delapidated crack house insurance which cost a fortune and covered essentially nothing.

It’s called the “FAIR” Plan and it’s run by the state.

Most states offer it to those who are considered un-insurable by a reputable company.

Yeah, I felt like a loser.

Did I mention that I feel that Allstate wronged me?

Yeah, they did.

So, with that scarlet letter on my record, it was an endless uphill climb (with a roughly $50k pricetag) to get back to an insurance policy similar to what most non-crack using people have.

But after all of the renovations that I’d done on my home — and the obvious career path that I’ve taken (which in no way involves crack) — one independent insurance agent finally threw me a bone and got me a regular insurance policy.

It was pricey but cheaper than what I’d been paying to the state. And it actually covered something!

Anyway — that was in November of 2008.

For my first anniversay, I mean renewal, I paid my premium right on time.

But in 2010, I committed the unthinkable for a money blogger.

I didn’t pay my bill.

An offense that could’ve landed me right back on the FAIR plan.

Statistically, I appeared as a deadbeat, especially based on the reputation of my past insurer.

The renewal notice and bill just happened to come days before my dad died and, well, it got lost in the following chaos. It’s not a great excuse but it’s the truth.

Upon realizing this oversight (I *totally* freaked out expecting the worst), we paid the premium in full with a back-dated check and, thankfully, not a peep came from the insurance company.

We dodged a bullet, in my opinion.

So this year, not looking to make a habit of appearing as a crappy policy holder to the insurer that I’m still so thankful for, I paid my premium ($873) in full again.

In September.

9 COMMENTS

  1. Two days before my policy was set to expire, I remembered that I hadn’t paid it yet. I wasn’t sure of the day and panicked because I thought it might already have expired. I called and made the payment, but I have no idea why I forgot about it. Something about Allstate, I guess :)

  2. [url=http://www.gowatchs.com/brand-199.html]フランスも誕生したたくさんの有名な時計ブランドを含む有名のトップブランドブレゲ、そして彼の姉妹ブランドL.LEROY、ハイエンドのPequignet赫柏林など、優秀なブランドは、新古典設計スタイル抜群。面白いのは、”と呼ばれる時計の父」ブレゲ時計師さんがそろそろ人生の3分の2のはフランス過ごした、彼はパリ学習タブ技術、そしてまたパリを発明した多くの時計技術及び技術、陀フライホイール、万年暦、ブレゲさんがパリ発明のさえ、ブレゲ時計ブランドはすべてフランス創立の。 パネライ時計コピー今日は私たちは瑞表で見た多くの技術やデザインはフランスから伝わってきたもので、パリ飾釘、玑粘紋、ブレゲ指針など、フランス手厚いタブ歴史ヨーロッパ時計業界全体に影響を与えている今。[/url]

  3. [url=http://www.gginza.com/%E6%99%82%E8%A8%88/%E3%83%AD%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9/gmt/36661e9d1fbe59d2.html]TIMEX(タイメックス)のブランドの担当者は「“時刻行く」ブランドの精神をリードしたTIMEX(タイメックス)150年以上を越えて、これは1種の永遠に時代遅れの精神であり、すべての若者と内心依然として若い人々のあがめ尊ぶ精神で、それは私たちを助けるために創造した一本のまた1項アメリカ大統領から街頭に若い人はすべての製品を共同好き。ブランドコピー時計今私達のこの精神をはっきりと現れ、そして今回のロードショー中国の広大な消費者に伝えてほしいと同じ勇往邁進の信念と追求を演じて、時、すばらしい人生を![/url]

  4. [url=http://www.ooobag.com/wallet/louisvuitton/index_9.html]当店は業界最強の海外一番人気のルイヴィトン スーパーコピー 代引き販売老舗です!高品質のルイヴィトンコピー代引きや情報が満載しています。私達は貴方の為に同等な品質のルイヴィトン代引きと価格安い商品を提供します.ご購入する度、ご安心とご満足の届けることを旨にしております[/url]

  5. あなたはもう一つのすばらしい新しいtxの腕時計を探している。これは、500系ワールドタイムモデルの一部ともう少し洗練されたスタイルに関しては、外向的なモデルより。また、この新しいモデルであるので、私は正確なモデル番号がありません。背景には、世界地図の青白に対しては本当に素晴らしく見えた新しいレトロな観察を得ます。私は、腕時計は、永久カレンダーと思っていると、表示の第2タイムゾーンの半球シーズン(冬または夏)とデート。腕時計の主要な焦点は、世界時の合併症である。あなたができる赤い「t」の手を見る周りにダイヤルすることができます基準都市を通してのタイムゾーンを選択します。これは、逆行性24時間ダイヤル10時近くに位置する時間が変化する。主な時間腕時計のダイヤルの上に表示されます。オリス偽物激安通販あなたはユニークなルックスと使う楽しみです本当に便利なワールドタイムの時計を持っていた。時計の結晶鉱物の結晶の上に実際に結合したサファイアである。少しより高価にするよりも、すべてのサファイアクリスタルがサファイア結晶の利益のほとんど。また、結晶の丸い端とケースから上がっている触発レトロです。この新しい500シリーズワールドタイムウォッチの最良の部分は、新しいブレスレットです。金属製のブレスレットが出てかなり醜い。このハンサムなそのスタイルはほぼジュビリーブレスレットをしている。私はこの多くの腕時計が好きだったと思います、それは良い売り手ですまた、良い贈り物を見てください。価格の可能性が500ドルのこの腕時計のためである。

Leave a Reply