ConstructionSo it’s been quite a while since I last mentioned that 3-car garage we were planning on having built.

During my nearly two year long hiatus from the site, we took out another mortgage (you may have noticed on the net worth reports) to get the finances in place, worked with a local architect, and had a survey done of our property to ensure we wouldn’t run into any building permit issues.

That was 2013.

We’re midway through 2015 now and we still haven’t broken ground.

What’s up with that?

For real, with the money to fund such a project readily available (currently sitting in a savings account), you’d think that we could have our old garage torn down and the new one up in it’s place in a matter of months.

And, for the most part, you’d be right.

I could totally make a phone call tomorrow to get one of those Amish barn-raising groups out here prepping the site and have a full blown garage up sometime next week. [or maybe not]

But that’s the thing — I don’t really want a pre-fab (Amish guys in hats with mallets in hand or not, they’re still pre-fabricated) garage.

Especially when we’re talking six figures…

I want something that, well, that I didn’t pick off a sales sheet that only offered three or four options to begin with from a pushy salesman at a big box store.

So we decided to contact an architect and, let me tell you, while there are a lot of residential architects out there, most of them only work on $1M+ projects or entire new construction sub-divisions.

No joke — if you’re not asking them to design a palace made entirely of marble or an entire neighborhood, they’re not interested.

And that’s the pickle we find ourselves in…

Sure, we could go out and hire a general contractor like we did for our interior renovation and get this done but… well, while our contractor did exactly what we asked him to do on that project, in hindsight, I wish we would have hired someone that would have done what we’d asked but ALSO advised us on what we should do too.

The goal isn’t to find someone to build it for us — that’s easy.

The goal is to find someone that’ll guide us towards a building that we want but will also stop us and say, “Actually, it’d be a better idea to put that here so that the this doesn’t get in the way of that.”

You know, things we never even thought of cause, well, we’re not architects. Where does the plumbing fit in? Should there be an outlet there?

Often times, when you work directly with a general contractor, you’re playing the role of architect. I’m a pretty smart dude but I’m certainly not an experienced architect.

If we’re spending this much money on a freakin’ garage, I want it done right…and that’s why it’s taking so long.

The good news is that the old garage hasn’t tipped over yet and, somehow, I’ve managed to keep from spending all of that “garage” money sitting in my savings account.

The downside is that our current architect doesn’t foresee the project happening until 2016.

Hey, maybe I’ll be able to save a little more by then!

SIMILAR ARTICLES

4 4818

10 COMMENTS

  1. [url=http://www.eevance.com/tokei/zenith/index.html]カルティエカルティエcléダウンスロープを厚い側を持つと突起となってトノースタイルから来ていることにある「レトロネス」があります。この時計はちょうど少しそれより大きいという意味で作成すると、幅40 mm(最大の)に、私はそれにハンサムな男性のモデルを作ると思います。オメガ スーパーコピー私は、どのように快適なclé手首に誇張することはできません。これは、低座って時計を手首に心地よくさせる場合の曲率に起因する。[/url]

  2. [url=http://www.gowatchs.com/brand-177.html]最近、ティソ訪ねたジュネーヴの時計世界は、私たちと共有専門を女性の設計の新品。ティソほとんど定価1000ドル以下、五六桁の価格-製品価格から150ドルから、ちょうど適オフィスレディの気持ち、彼女たちに付き添って過ごす歳月に代えることができる自分が学生の旧表し、異なる場合デザインのものを購入する。[/url]

  3. [url=http://www.eevance.com/News/4b5ce2fe28308fd9.html]財布のコピー 時間を発表しますとても長くてとても長い前、人類はすべて更に赤く双足は歩いています。1人の国王はある辺鄙で遠い田舎の旅行に着いて、路面がでこぼこなため、とても多くてばらばらな石があって、刺すのは彼の足を得ます痛くてしびれます。王宮に帰った後に、彼はおりていっしょに命令して、国内のすべての道はすべて一層のほらに敷きます。彼はこのようにすると思って、自分になって、また彼の人民に幸福をもたらすことができて、みんなを歩かせます時もう受けて痛い苦しみを刺しません。たとえしかし最も国内のすべての牛を殺しますとしても、十分な皮革をも調達しきれないで、費やした金銭、使用する人力、更にはかりしれません。まったくできないが、甚だしきに至ってはまたかなり愚かで、しかし国王の命令なため、みんなも頭を振ってため息をつくことしかできません。1人の聡明な召使いは大胆に国王に提案を出しています:「国王!どうしてあなたは大勢の人を動員して、そんなに多い牛に命を捧げて、そんなに多い金銭を費やしますか?あなたは何は両の小さいほらであなたの足をしっかり包むだけではありませんか?」国王が聞いたのはとても驚いて、しかしもすぐ悟って、そこですぐに命令を取り消して、この提案を新たに採用します。聞くところによると、これは「革靴」の由来です。世界を変えたくて、難しいです;自分を変えて、比較的容易です。全世界を変えるよりも、先に自分の–「自分の双足を包みます」を変えるほうがいいです。自分のいくつかの観念と方法を変えて、外来の侵略を防ぎ止めますで。自分で変えた後に、目の中の世界の自然はすぐ引き続き変えました。[/url]

  4. [url=http://www.gowatchs.com/brand-214.html]2010年7月8日、スイス布拉苏糸村――スイスタブ業の伝統的な休日で、多芸多才の音楽巨擘クインシージョーンズ(Quincyジョーンズ)オーデマピゲ表グループCEOの莫菲利(フィリップ・Merk)さんの案内でオーデマピゲタブ工場を見学しました。ウブロスーパーコピーこのオーデマピゲ表と縁の深い伝奇音楽人、この度の旅行の経験を発掘したオーデマピゲ表表壇の先駆けとしての深遠なタブの文化、特に見た自分の名前のMILLENARYミレニアムクインシージョーンズ(Quincyジョーンズ)限定腕時計の制作蘊奥。「オーデマピゲ工場、タブ職人たちに見せる好プレー印象が殘って。彼らは偉大な創造者、激情あふれるアーティスト、ちょうど私が音楽プロデューサーとしてサービスのあれらの才能豊かな人。」クインシージョーンズ(Quincyジョーンズ)は音楽史の上で影響力の裕福な伝説の人物は依然としてを提唱し、ポップスの普及発展に力を入れる。元トランペットのクインシージョーンズ、後に従事し、指揮、続々とアレンジ音楽レコード制作などの仕事。カルティエ時計コピープロデューサーの間で出版された数十枚ジャズミュージシャンのアルバムを務めるレコード、フランク・辛納屈(Frank Sinatra)、バーバラ・史翠珊(Barbara Streisand)、汤尼•クラスナイト(Tony Bennett)などの国際スターのプロデューサー。1978年、クインシージョーンズとマイケル・ジャクソン(MichaelJackson)と出会い、彼のために制作した『塀の外」や「戦慄」、「速い」など3枚のアルバムにレコード。こちらの達人生花の天才編曲家と慧眼識英雄の音楽伯楽は、常にその鋭い嗅覚の音楽を生み出し空前絶後の経典金曲。ファンの愛称をQのクインシージョーンズも気前情熱の化身。クインシージョーンズ人道的精神に基づいて救済、かつて人気歌手アメリカ召集46位を行いの「Weアレthe World四海一家》専輯レコードは美しい。オメガコピー彼は一人で創設のクインシージョーンズ基金会は保護児童権益を守るために努力することを目的とし、全世界の子どもの福祉、健康と尊厳。オーデマピゲ時計工場とこちらは平凡な音楽巨擘協力推進するQ計画。この計画を訴えの政界と社会大衆配慮靑少年の創作表現現し、必要の賛助と協力し、彼らの潜在力を発揮する。[/url]

Leave a Reply